父親たちの星条旗

ネットムービー

新着情報一覧

カテゴリ別

リンクサイト

サイト説明

父親たちの星条旗

父親たちの星条旗
「父親たちの星条旗(ちちおやたちのせいじょうき、Our FathersのFlags)」は
2,006年間の開いたアメリカ映画です。監督は、クリント・イーストウッドです。
ポール・ハギスと他は、ノンフィクション本「J・ブラッドリーによる星条旗よ永遠なれ
(父の原題旗)のロン・パワーズ」を劇化します。
生産のためにイーストウッドを案内しているマルパソ・カンパニー以外の
スティーブン・スピルバーグは、リードするために、ドリームワークスに参加します。
第49の藍綬褒章と第30の日本アカデミー賞は、外国の作品部門賞賞勝者を負かします。

両方の日本とアメリカ合衆国の視点から中で最大太平洋戦争の闘争であると考えられる戦いを
描いたことは、「Iwo-Toプロジェクト」の米国側視点の仕事です。
有名な写真「Iwo-Toの星条旗をセットしている星条旗(イオウジマにFlagを上げる)」の
主題になった兵士の背中は、硫黄島で必死の闘いと戦場(陶器のモルタル山の頂上)で描かれます。

19回目の東京国際的な映画祭の始めの仕事が2006年10月をおさえたので示されたあと
それは10月28日に全国的に示されました。
年の12月に日本の側の視点で描いた「硫黄島からの手紙」は、連続して示されました
(日本と米国でのだけこれらの連続的な展覧会に)。
copyright(C)ネットムービー