父親たちの星条旗 ストーリー

ネットムービー

新着情報一覧

カテゴリ別

リンクサイト

サイト説明

父親たちの星条旗 ストーリー

戦闘シーンの写真撮影は、アイスランドのレイキャネスで行われました。
硫黄島のような黒い砂浜を再生させることができて、大規模な公共事業のような難しい状態を
克服することができた価値ある場所と大砲(銃)を使う許可でした。

「硫黄島からの手紙...この仕事が放送の前に夜間のコマの中にだけ放送されるが
日本のテレビでプライムタイムに放送されます。

ウィスコンシンで斎場を経営した老人は、長い人生でさよならを言いそうでした。
彼の名前は、ジョン、「医者」、ブラッドリーです。
彼は1945年の海軍衛生兵としてIwo-Toまで進んで、海兵隊を敵に戦いました。
彼は、それで撮られる1つの写真によって、米国中から「英雄」と称賛されました。
しかし、彼は、家族に硫黄島について話しそうなことなくその後米国で広く知られていた
写真について何も復唱しなさそうでした。
彼の息子、ジェームズは、何が硫黄島の真実についてIwo-Toであったか捜し始めます。

監督
クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド青春期(クリント・イーストウッド(本当の名前))
アメリカ合衆国が、カリフォルニア、サンフランシスコからの映画スター
映画ディレクター、映画製作者、作曲家、クリントン・イーストウッドの政治活動家、Jr
1930年5月31日です。高さ188cmの公式名前。
copyright(C)ネットムービー