クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち

ネットムービー

新着情報一覧

カテゴリ別

リンクサイト

サイト説明

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち
「2つの深紅の川ヨハネの黙示録のエンゼルス」
(フランスの映画はその2つのレスRiveres PourpresレスAnges De L'Apocalypseです)
2004年に生み出されました。)「深紅の川」の続編になる緊張感ホラー。

ローレイン地区(ドイツの境界)の近くでそこにあるモンタヌス・グループ教会の修道院。
新顔の修道士が釘で禁じられた13号室の壁の上にキリスト・イメージを釘づけにしたとき
血はそこから流れました。リードするために点まで進んだニーマン警視調査チームが壁を探査する時に
体が埋められると認められます。他方、彼女がまるでイエス・キリストのように見えた服を
着ていました。

そして、若い刑事レダは偶然彼女が麻薬犯罪を調査する間、弱った心身の男に会うことが起こりました。
不可解なたわごとを口走っている「イエス」は入院します、生命を狙いません。
それがそうである聖職者のローブを着て体を包みました。気づいたレダはこれを追います。
しかし、超人的な体力とともに謎の暗殺者によって逃げる際に、それは代わられます。
そして、ニーマンは、壁に葬られる人フィリップの知人から、「はい」に到着します。
そのうえ、第二次世界大戦の間に使われる要塞「マジノ線」のそばの地階に
ケースがあった修道院と各々の場所の掩蔽壕がつながれると、思いました。
レダと宗教の専門家である調査者メアリーはニーマンと協力して、調査を推進します。
しかし、地面の下の非常に大きな迷宮であるsequence.Theマジノ線で
フィリップの知人と同じ名前の人々である12人の使者が死にます。
そこに隠される何かの上に、巨大な計画はもがきました
copyright(C)ネットムービー